社員インタビュー
ここでは、レクシアにおける代表的な職種と、実際に仕事に携わっている社員の声をご紹介します。
カウンセラー
私たちカウンセラーは、ただお客様からのご注文を受け、お問い合わせにお答えするだけではありません。一人ひとりのお客様の一番の理解者となり、言葉にならないご要望やお気持ちを引き出し、最善のご提案をします。時には、お客様の不満や疑問を受け止め、より良い製品やサービスをご提供できるように、会社全体にお客様のお声を発信する、お客様とレクシアの"橋渡し"の役割も担っています。
嶋田さん
嶋田さんワークスペース
 嶋田からのメッセージ
お電話やメールを通して、製品の受注やお手入れ方法などのお問い合わせ対応を主に行っています。お客様は千差万別。マニュアル通りの案内だけではご満足いただくことはできないため、常に一人ひとりのお客様と真摯に向き合い、そのお客様に合わせたご提案を行っています。お客様から「本当にありがとう。」と感謝のお言葉をいただけたとき、心から深い喜びと達成感を味わうことができます。カウンセラーは皆、人のためになることをするのが大好きな心優しいメンバーばかり。お客様のご満足のために力を注ぐことはもちろん、困っているメンバーがいればすっと手を差し伸べ、自然と協力し合う事ができる温かい環境です。
販売企画スタッフ
Webや新聞、雑誌などへの広告出稿による新規顧客の開拓と、さまざまな企画を立案することによる継続購入の促進など、幅広い業務をチーム内で行っています。どうすれば自社製品の魅力がお客様に伝わるかを考え、その結果が見えることがやりがいに繋がっています。日頃から業界の動向にアンテナを張り巡らせて、新しいヒントをつかめるようにしています。
武石さん
武石さんワークスペース
 武石からのメッセージ
広告・PRを担当しています。星の数ほどある化粧品の中から、自社製品を選びたくなるキャッチコピーや文章を考えるのは至難の業。毎回"産みの苦しみ"を味わっていますが、自分が手がけた原稿が新聞や雑誌に掲載され、大きな反響があった時の喜びは何事にも代えられません。また、PRの業務では、雑誌の出版社をはじめとするメディアへ情報を提供し、さまざまな媒体で自社製品を紹介して頂けるよう尽力しています。編集者や美容ライターなど、美容に厳しい目を持つ方たちとの打ち合わせは、とても緊張しますが、大きなやりがいを感じることができる、とても刺激的な仕事です。自社製品がより多くのお客様に愛されるブランドになるように、広告・PRという業務を通じて、貢献していきたいと思っています。
製品企画
化粧品全般の企画開発から発売に至るまでの一連の業務を担当しています。市場分析や企画立案、試作品の評価、容器やパッケージ選定など業務は多岐に渡りますが、常に「どんな製品ならお客様に喜んでいただけるか?」と考えながら、こだわり抜き、他社にはない卓越した品質の製品を提供できるよう取り組んでいます。
徳留さん
徳留さんワークスペース
 徳留からのメッセージ
主にスキンケア製品やボディケア製品の企画業務を担当しています。製品企画課はものづくりの中でも中枢的な役割を持つため、開発課や製造課、制作デザイン課、また容器メーカーとも何度も熱い意見を交わしながら、"本当に良いもの"を作り出すため追求していく姿勢が大切です。そのため、壁にぶつかりながらも試行錯誤を重ねてようやく完成した製品に対し、お客様からお喜びの声をいただいた時には、心の底から嬉しさが込み上げてきます。
時にはプロジェクトを任されていることに、責任と同時にプレッシャーを感じることもありますが、そんな時レクシアには支えてくださる先輩方がいます。相談に乗ってくださったり、気分転換にランチへ誘ってくださる先輩方に囲まれ、本当に恵まれた環境であるといつも感じています。
製造
製造課では、主にバルク(化粧品)の製造、各使用機器の洗浄およびメンテナンス、原料の発注、受け入れ、在庫管理まで行っています。原料発注では、海外業者との取引もあるため、様々な知識が自然と身につきます。製造技術職のスタッフは、各々に長所を持ち、先輩後輩と関係なく持ち味を認め合える事ができ、自分の意見も言い易い職場環境です。
加島さん
加島さんワークスペース
 加島からのメッセージ
基本生産フローとしてはバルク製造、検査、充填包装、配送の順で行われ、最後にお客様のもとへお届けとなります。そのため、バルク製造を失敗するとお客様はもちろん、後の工程すべてに影響が出るため責任は重大です。常に一定品質を維持し、製造することは簡単ではありません。気温など、細かな変化に対応する能力が求められます。自分の手で製造したものが製品化され、お客様に使っていただいていることを大変嬉しく思います。これが「ものづくり」の醍醐味であり、やりがいです。また、製造できる製品が一種類ずつ増えていくたびに、技術が身に付く手ごたえを感じることができます。今後もお客様に安心して頂ける、より良い製品を安定して生産していきたいです。
制作・デザインスタッフ
メゾンレクシアが発行する印刷物やWEBサイトの制作・デザイン業務を行っています。スキンケア、ベースメイク、フレグランスのパンフレットやDM、製品とともにお客様にお届けするフリーペーパー、ハービス店のツール、WEBサイトから社内報まで、デザイナーや外部カメラマンと協力し、これらすべてを社内制作しています。
水田さん
水田さんワークスペース
 水田からのメッセージ
制作物のライティング・編集を担当しています。弊社のライターは、ただ言葉の表現をつくるだけでなく、まだ名前すらついていない新製品をどのように打ち出すか、製品企画や研究開発とも連携し、思考を巡らせるところから始まります。このような制作工程から携わることができるのも、一から自社で、誠実な製品づくりを続けるメーカーだからこそ。正解がなく難しい一面もありますが、濃密で刺激的な仕事です。私たちが日々制作するツールは、お客様とブランドをつなぐ大切な役割を担っています。メゾンレクシアの世界観や、独自の処方と徹底した品質志向を追求するがゆえに生まれるこだわりを、しっかりお客様にお伝えしていきたいと思います。
システム課スタッフ
基幹システムの開発、WEBサイト開発、サーバ構築・管理、ネットワーク構築、コールセンターのシステム構築、PC・プリンタのキッティングなど、開発から運用に伴うヘルプデスクまで幅広く担当する部署です。基本的に内製化を重視しているため、スピードを求められることも多いのですが、その分成長するのも早く感じられます。
カウンセラー
カウンセラー
 水川からのメッセージ
社内SEとして、基幹システムの開発、WEBサイト開発、ネットワーク構築やPCのキッティングからヘルプデスクまで、幅広く任されている、いわば社内業務を支える縁の下の力持ちです。システム開発においては、内製化を重視し、知識の獲得とそれを蓄積する事ができる環境なので、自分自身の成長にも大きく繋がり、日々やりがいを感じています。レクシアで働く仲間として、単なる会社の歯車としてではなく、自らの業務改善の提案や社内で困っていることなどを声に出し、課題解決に向けて実行していく当事者になれる環境が整っているのも、レクシアの強みだと感じています。